光彩なくともただ足掻く

ASD(自閉症スペクトラム)30女が少しでも楽しく生きられるよう足掻いてます。

【ASD筆者・自分に向いてる職業を求めて】WEBデザイナーを経験して

f:id:ikizuraisan_asd:20210803013054p:plain

 

 

前の記事で向いている職業について書きましたが、もう少し深堀り。

 

というのも、筆者は転職を7回経験しております。

今30代ですが、何がしたいのか、何が向いているのかわからずここまで来ています。(今も)

今はひとまず、WEBデザイナーとしてお仕事させていただいており、事務職の頃よりは向いているかも?と感じてはいます。

が、まだわかりません。(まだ転職して1年も経っていないので。)

人生80年、30代ならあと50年もあるので、自分に合った会社や仕事を探していかないと、と思って常に就活や副業しています。

そんな筆者の、向いてるかも?と思った職業や、何故そう思ったのかを書いていきます。

 

 

まず、筆者の現職、WEBデザイナーです。

筆者はむかしむかーしに、少しだけサイトを運営していたことがありました。

それはほとんどコピペで作ったサイトでしたが(子供の時なので許してください・・)、htmlを少しいじったりするだけで見た目が変わったりすることが面白かったんだと記憶しています。

あとGIFアニメなども、その当時は流行っていたので、そういうものを楽しんでいました。

 

 

しかし、進学の際に親の大反対にあい、それならばパソコンを使うのが好きなので少しでもパソコンを使える職業ということで事務員に。

このあたりの詳細は周囲の人間関係も関係してくるのでまた別の時に書くとして、事務員として10年ほどやっていた筆者に転機が訪れます。

7回目の退職。

ここでようやく思いました。

 

「事務員、向いてないかも?」

 

つまらないんですよね、毎日。

事務が、というより、その時の自分の環境が、だと思います。

朝が弱いのもあって午前中はぼーっとメールチェックくらいしか出来ませんでした。

午後から巻き返して何とかなってましたが、派遣だったせいかも知れませんが業務がつまらなすぎて頭に入ってこないし朝はしんどいし同僚は憎たらしいし(笑)で、結局辞めてしまいました。

もちろんちゃんと1か月前に退職を申し出て、しっかり1か月働いて辞めましたが。

 

 

そうして、何か向いている仕事は無いものか・・・と調べに調べたところ、失業保険の申請に行ったハローワークで、職業訓練の冊子を発見するのです。

というのも筆者、以前の転職の時にも職業訓練を受けており、3か月ほど通って医療事務・介護事務の資格を取得していました。

職業訓練についてもかなり書くことが多いので、詳しくは別で書くことにします。)

 

なので、職業訓練というものの存在は知っていたのですが、以前受講した際は田舎に住んでいたせいか、WordやExcel、医療事務や簿記などの訓練しかなかったんですね。

しかしその後都会に引っ越しており(これもまた書きますが)、今住んでいる地域にはIT系の職業訓練が多数あったのです!

そこで見つけた、「WEBクリエイター講座」。

子供の頃の楽しかった記憶が呼び起こされ・・・受講することを決意!

 

 

という訳で職業訓練でWEBクリエイター講座を受講し、いざ卒業!となった4月、事件は起こりました。

 

初めての緊急事態宣言。

 

そう、2020年の4月です。

これから転職先を見つけようとしていたまさにその時に・・・!!!!

おかげ様で求人数はガタ落ち、未経験でももしかしたら派遣とかなら可能性があるかも、と希望を持っていたWEB制作の仕事はほぼ経験者採用の求人に。

未経験者は門前払いです。

 

神は私を見捨てたもうた・・・

 

本気でそう思いました。

 

3〇(ピー)歳にもなってやりたいこと探しをしてるからバチが当たったんでしょうか。

大人しくつまらないと思いながら仕事をしておけってことだったんでしょうか・・。

と、自分を責めました。

 

無職の時って余計ネガティブになりますよね。

今は、「いくつになってもやりたいことやるぜ!」って思ってますけどね。

じゃないと人生長いのにやってられない。

 

 

あと、こういう思考に落ち着けたのは、自分はASDなんだなって気づけたのが一番大きいですね。

ASDの特性を読んで、

「自分だけじゃないんだ!」

って思えるだけでも心強いし、

ASDだから仕方ないな~」

って思うと、肩の力が抜けたような感覚になって、

「どうして私は仕事が出来ないのにすぐ辞めちゃうんだろ・・・どうして・・・どうして・・・」

ってしつこく考えることが減りました。

自分を知るって大事だね。

 

そんなこんなで、結局半年くらいは無職でした。

ようやく就職が決まった時は、嬉しくて冷静さを欠いていましたね。

まさかこんなに時代に逆行した職場が存在するとは・・・。

 

結局今、WEBデザインの仕事には就けていますが、その他諸雑務もついてきてまして、デザインに集中できている訳ではありません。

ASD特性、「臨機応変に対応できない」「聴覚からの情報より視覚からの情報が理解しやすい」「あいまいな表現を理解するのが苦手」が業務の邪魔をしていて、私の特性と社風が合ってないな・・と感じつつ仕事しています。

ただ、業務はそんなに合わないということはないです。(複雑・・・)

デザインは楽しいし、Photoshopillustratorを使って画像やバナーを作るのも楽しいです。

作業は苦痛ではないので、向いていると判断して良いかと思います。

 

という訳で、どうにも「天職だ!!」とは言えない、あいまいな感じですが、ADHD少々とASD持ちである筆者はWEBデザイナーは合っていそうな気がします。

転職活動しつつ社風、特に一緒に働く人重視で決めたいところです。やはりメンタルが弱いので、人間関係はマストです。

転職する際はまたこちらに書きますので、気になる方はまた読んでくださるとうれしいです。 

 

【オススメの転職支援サービス】